ビフィズス菌(BB536)の便通改善効果について

ビフィズス菌(BB536)の便通改善効果について

ビフィズス菌BB536は50年近くに渡って、乳製品企業の中でも老舗と言われる企業が研究をしてきたビフィズス菌です。

 

そのため既に十年程前には米国で安全という認定を得て、様々な製品に利用されてきた安心感を持っています。

 

又同じビフィズス菌の中でも型によって効能や作用が異なり、種類ごとに数字や番号が付けられています。

 

ビフィズス菌BB536の便通改善機能は通常の乳酸菌より強い事が既に研究で解明されています。

 

便秘気味の女性39名にビフィズス菌BB536入りヨーグルトを1日100g(BB536は20億個以上)2週間食べてもらいました。その結果、

 

(1)ビフィズス菌の割合が増えた
(2)排便回数が増加した
(3)有害物質であるアンモニア濃度が低下した

 

これらの作用は普通の乳酸菌で作ったヨーグルトよりも高い効果が示されています。

引用:http://bifidus.jp/about/

中でも有害物質であるアンモニア減少が強く、腸内を中心とした改善効果がはっきりと確認されています。

 

このことからビフィズス菌BB536の便通改善効果は、腸で中心に行われている肉体の働きを改善することが見込まれると言えます。

 

人間の体に吸収される栄養は殆ど腸で吸収、分解が行われています。

 

これは腸に関する薬や食品が多いことからも重要度が証明されていて、一般に認知されている点です。

 

この部分を強化していることで、更に強く体に影響を与える事が出来る製品となっているのです。

ビフィズス菌サプリメントが効かない原因は?

腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌が存在し、善玉菌が優勢になる事で腸内環境が良好に保たれます。

 

逆に悪玉菌が優勢になると便秘や下痢といった不調が起きやすくなります。

 

腸内環境を良好にするには善玉菌を優勢にしたほうが良い、という話は多くの方がご存じの通りです。

 

ひと昔前までは乳酸菌が着目されていましたが、大腸の腸内フローラを構成しているのは乳酸菌ではなくほとんどがビフィズス菌です。

 

なので、便秘を解消したければビフィズス菌を摂ることが大切です。

 

しかしビフィズス菌入りのヨーグルトやサプリメントを毎日摂取しているにもかかわらず、まったく腸内環境が改善しないという人がいます。

 

この理由はとっても単純で明快です。これは乳酸菌サプリと同じでビフィズス菌にも、合う・合わないがあるからです。

 

私たち人間には性格や外見に個人差があるように腸内にも個人差が存在します。

 

人それぞれ自分に合う乳酸菌のタイプがあるように、ビフィズス菌も同じ株でも合う人と合わない人がいます。

 

ビフィズス菌サプリメントで効果が得られなかった場合は、自分に適合したビフィズス菌の株を見つけるためにいろんな株のビフィズス菌を試してみるのが最善策です。

page top